ガラパゴス上陸…できるの…かな…?

できました。
会社の上司には事あるごとに先ずは要点だの先に結論だの言われていましたんでね。
御託はすっ飛ばして結論です。
上陸できました〜!やった〜!

と、まぁ上陸できたのはできたんですが、キトの空港で言われたのは、

「ニジカンオクレテマース」

というテンションの下がる一言。
この時点でガラパゴス諸島の到着空港から市街地までのバスに乗れないことが確定。
法外な価格でタクシー移動を強いられます。
とは言え20ドルくらいなんですが。
日本のタクシーの値段と比べると、まぁ、うん…という感じなんですけど、バスが無料なんで貴重な財源を無駄に減らすことになります。
財布が痛い!とても!

さて。
先ずは時間を戻してキトの空港です。
チェックイン前にツーリストカードに20ドル払います。
持ち物チェックの後にチェックインしたのですが、結局3時間のフライト遅延。
こういう時にラウンジを使えるプライオリティパスは本当に助かります。
楽天ゴールドカード様々ですね。
幸い充実したラウンジだったんで食べ物もモリモリ食べられました。
満腹でフライトの時間を迎えて気分は上々なんですが、いかんせん3時間遅れてるんでタクシーの件やら現地の時間が減るやらでデメリット満載です。
ホクホクしている場合じゃない。

さて。
空港に無事に着いたは良いんですけど、早速ガラパゴスの洗礼100ドルの入島税です。
しかもカードが使えない。
手持ちのドルが無かったのでATMで調達して支払い。
財布が痛い!
財布の痛みが治まらないままに次はタクシー。
20ドルで街までお願いしたのですが、
運転手が友達を乗せた上に、親子3人の客も乗せることに。

「乗り合いなら値段下げろよ!」

と言いたいところですが、スペイン語の分厚く、高く、硬い壁が立ちはだかって何も言えねぇ。
しょうがねぇ。
どうしようもねぇ。
運転手へのお布施と思うしかねぇ。

というわけで。
複雑な気持ちを抱えてガラパゴス諸島の拠点プエルト・アヨラに到着。
とりあえず軽く街を散策。
早速イグアナ発見!

img_0629

イグアナの娘を思い出しますね。
知ってますか?菅野美穂主演のドラマ。
お若い方は菅野美穂がヌード写真集出してるのも知らないんでしょうね。
もっとお若い方は菅野美穂さえ知らないかもしれないですね。
ちなみにキューバで同室になった若い衆に水漏れで川みたいになっている道路を見ながら井上陽水のリバーサイドホテルを歌ってみたら、

「自分で作った歌ですか?」

と怪訝な表情で聞かれました。
永年の名曲でしょ⁉︎
世代関係ないでしょ⁉︎
というアツい想いも問答無用で世代の溝に飲み込まれてしまうわけですね。
ジェネレーションギャップ恐るべし…。

何でしたっけ?
イグアナでしたっけ?
そうそう、次はアシカでした。

img_0697

普通に居ます。
なかなかファンタジーな島です。
ガラパゴスな雰囲気は味わえたので晩ご飯を屋台で調達。
牛肉を包んで揚げたエンパナーダと、

img_0630

甘くて熱いフルーツジュース。

img_0631

ジュースは飲み始めから飲み干しまで違和感しかないですが、不味いほどではない味でした。
塩っ辛いエンパナーダと一緒に飲むには悪くはないかな?といった感じ。
異なる食文化の味としては満点なので良しとします。

といった感じでフライト遅延があったものの、無事にガラパゴス入り。
次回も引き続きガラパゴスの雰囲気をお伝えします。
ほなほな、また!

最新情報をチェックしよう!