竹生島〜チカラが…チカラが欲しいか…〜

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

2

「あさだ、あ~さ~だ~よ♪あ~浅漬け食べたい!」

おはようございます。
朝日とともに起きる生活。
本当に良いもんですね~。
車中泊も慣れてきて快適な朝を迎えております。
早起きしてもやることがないので、
何となくフラっと写真を撮ってみたり。

というわけで。
とうとう「たねや」に次ぐ日本屈指のパワースポット、
「竹生島」へ渡る時がやってきました。
乗船前に船着き場で身支度し、気持を新たに島へ向かいます。
1平日の朝イチということもあり、乗客はまばらな感じ。
快適な参拝ができそうです。
船に乗ること30分。竹生島に上陸です。
2さすがパワースポット湧き出るパワーがビンビン伝わってきます。
なんというかスーパーサイヤ人(DB)になったような…。
龍神が祀られているだけに竜魔人(ダイの大冒険)になった感じもして…。
ムーンプリズムパワー(セーラームーン)とでも形容できるような…。
何かもう、とにかくビンビン力が伝わってきてる、
ような気がしているだけで、
実際は何も感じちゃいません。
スピリチュアルな催し物が好きなわりに、
スピリチュアルな感受性は0なんです。
残念!
ただ、見えないからと言って疑うほど心は曇ってないので、
素直に信じちゃってパワースポットの効能効果にあやかるのです!
ご利益大好き!

さて。
ここ、竹生島は神仏一体の聖地。
神様にお願いしたり仏様にお願いしたりで、
拍手するの?手を合わせるの?どっちなの?
といった感じで作法が行ったり来たりです。
まぁとにかく、その場その場で全力で祈るだけ!
ちなみに宝厳寺・竹生島神社は日本三大弁財天の一つです。
3ここで気合い入れてお願いしまくれば、
ご利益の財運がトンデモないことになるのです。
でもお賽銭はそこまで奮発できません。
出雲大社で大盤振る舞いしたからね。
それでもポッケに100円玉をじゃらじゃら入れて、
ご利益ハンターの準備は万端。
片っ端から賽銭箱に投入して金の亡者のごとくお願いして回ります。
誰に何を思われても良いんです。
僕は銭ゲバなんですから。
金で買えないものなんてないんや!
金が全てなんや!ヒーハー!

なんて、心持ちではご利益なんて夢のまた夢。
そこは謙虚な心持ちで頭を下げて回ります。
今までお金に苦労しなかった感謝の気持ちと、
これから、しっかり稼いで世の中に還元する決意ですね。
僕ちゃんお利口さんなんです~♪
といった感じで島内を一周した後、
一つだけ弁財天の使いの蛇を祀った社を前に、
ぽっけの100円玉が切れてしまいました。
もう十分だし、ここはスルーかな…と思ったんですけど、
その瞬間、

「チカラが…チカラが欲しいか…」

頭の中に直接何かが語りかけてきました。

「だ!だれだ?!俺に語りかけているのは?!」

戸惑いを隠せず周囲を見回しても誰も居ない。
気のせいかと言われたら気のせいかもしれません。
でも僕は見えない何かを信じることにしました。

「チカラが…チカラが欲しいです…」

僕はゆっくりと、ぽっけに忍ばせてあった500円玉を手に取ります。
高額なお賽銭を出すことに躊躇いがまだあったのでしょう。
いつもよりも緩慢な動きで参拝します。
今までお金に苦労しなかった感謝の気持ち。
これから、しっかり稼いだお金を世の中に還元する決意。
そして、

「オラに!オラに!お金を分けてくれー!!!」

切実な心の叫び。
お願いはすまいと決意していたにも関わらず、
思わずお金の無心をしてしまいました。
お金の無心をしたのは調子に乗ってカード切りまくったら、
支払いができなくなって母に10万円お願いした時以来です。
やっちゃったね!
でも仕方ないじゃん?
500円も賽銭箱に入れちゃったんだから。
お願いくらいしてもバチは当たらないでしょう。
ってか、お願いするのが普通だからネ!

というわけで。
出雲大社の「縁」に続いて、
竹生島では「財」の力を授かりました。
何だかRPGみたいになってきましたね。
次は何のご利益にあやかるか、
ご利益ハンターの旅はまだまだ続きます!
ご利益にあやかって三万里ブログ!
次回の参拝に乞うご期待!

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る