ハイセンスカフェ盛り沢山~ブルックリンのカフェ散歩~

毎回ブログで運命の女性との出会い云々、
みたいな内容はカフェ巡りブログの趣旨から大きく外れることに気付きました。
最初の方で気付けて良かったですね。
真面目にカフェについて書いていきますよ。
とか何とか言いながら性懲りもなく蒸し返す確率は100%だと思います。
悪しからず。

さて。
とりあえずはカフェ巡りです。
ニューヨークでカフェと言えばブルックリン!
なのかどうかは分かんないんですけど、
ブルックリンが洒落た場所という情報は掴んでいます。
かの高城剛もブルックリンのガイドブックを出版していて、

もちろん購入しましたが持って来られませんでした。
1944円もするのに肝心な時に手元にありません。
実家の山積みになった段ボールのどこかに入っていると思うのですが、
お尻に火が付かないと動けない性格が災いして荷造りの時に探し出す余裕がありませんでした。
ガイドブックは家に帰ってからブルックリンの復習に使いたいと思います。
さて。
こちらがブルックリンです。

4f7a8353

ストリートアートがそれっぽいですね。
ホノルルのブルックリンと言われるカカアコ地区でしこたま撮影したので、
本場のブルックリンでは眺める程度です。
色々カフェは巡ったのですが、印象的なのは「Sweethaus Cupcake Cafe

4f7a8344

カップケーキが美味しかったです。
お次は「Toby’s Estate Coffee

4f7a8392

お洒落カフェを絵に描いたようなカフェでした。
もう一つは「Oslo Coffee Roasters

4f7a8388

店の真ん中のテーブルがお洒落な自習室みたいになっていました。
そして何と言っても「Devoción

4f7a8365

お洒落な内装は言わずもがな。
緑を取り入れるカフェは多いですが、天窓から差す光が良い感じ。

4f7a8367

そして次から次に現れるジョギング終わりと思われる人々。
仲間と立ち話しながらアイスコーヒーを飲んでいます。
小さな子連れのお客さんが中心にあるソファースペースで寛いだり、
1人でやってくるおじさんがテーブルで新聞を読んでいたり。
色々なお客さんが思い思いの使い方をしている印象です。
味も良い感じで雰囲気も良い感じ。

はい。
ろくな解説はしていませんがカフェ巡りっぽい記事で何よりですね。
3日くらいに渡ってブルックリンはお散歩していますが、
センス溢れる店が沢山あって良い感じです。
特にセレクトショップは充実しています。
チョコの専門店もお洒落。

4f7a8311

4f7a8314

ただ、ブルックリンと言っても結構広いので、
良いお店に巡り合うには地道な散歩が必要ですね。
ちなみにブルックリンはじっくり巡りたかったので、
ホステルをブルックリンで数泊予約してありました。
「International Students Residences」
という名前だったので学生専用かな?
と思ったのですが、Booking.comの写真を見ると大丈夫そう。
おっさんも居る。

2016-11-28

じいさんまで居る。

2016-11-28-1

よっしゃ予約したろ!と思って予約したら、

「年齢制限あるで」

って案内が送られてきました。
キャンセル不可のプランだったのですが、
1ヵ月以上前だったので大丈夫かな?
と思ってキャンセルお願いしたら全額キャンセル料取られました。

「ややこしい写真載せんなやアホ!ボケ!カス!」

というメッセージを送りつけてやりたかったんですけど、
英語が不自由なので掴んだ拳を使えずに泣き寝入り。
結局不便な場所に宿を取ったのでブルックリン散歩はソコソコに。

さて。
ソコソコながらもブルックリンの良さは味わえたので良しとしましょう。
一応の報告ですが、ブルックリンで運命の歯車が回ることはありませんでした。
セドナで授かった予知能力と思われたチカラ。
もしかしたら単なる妄想力説。

最新情報をチェックしよう!