グランドサークル後半戦~グランドキャニオン(パッチもん)とグランドキャニオン~

警察のお縄につくというアクシデントがありましたが、
バスタブにゆっくり浸かったので元気になりました。

4f7a7391

どうです?吹っ切れてるでしょ?
保安官に見られたらコーヒーぶっかけられそうですけど、
反省は昨日十分したので問題ないでしょう。

「っていうか金払えば良いんだろ?!おぉ?!」

という荒ぶる気持ちが翌日もひょっこり現れてしまいますが、
運転は荒ぶることなく大人しく進んでいく所存でございます。

さて。
この日からは極めて平和なドライブ旅が続きました。
たまにシカが行く手を阻んだりとか、
車に轢かれた動物を避けようとして焦ったりするくらい。
順調に国立公園巡りを進めます。
この日は何テイクにも及ぶセルフポートレート撮影から始まり、
目指すはモニュメントバレー。
そこまでの道路の風景は有名ですね。

4f7a7400

言われたら確かに見たことあるな、みたいな感じでしょうか。
僕もそれくらいの印象なんですけど、
有名と言われると撮りたくなってしまいます。
そして肝心のモニュメントバレーですが、
結局スルーしてしまいました。
見たかったのですが「岩疲れ」の症状が出てきてしまったんですよね。
ヨーロッパで言うところの「教会疲れ」。
荘厳な教会も初めは首が痛くなるまで天井見上げたりして、
「ほ~」とか「は~」とか言ってるのですが、
途中からは罰当たりにも歩き疲れた時の休憩所扱い。
同じように壮大な岩景色を見続けていると、
あとはグランドキャニオンくらいで良いか…。
みたいな心情になってしまいます。
食べ物でもフォアグラとかトロばっかりじゃ飽きちゃうよね?みたいな。
ちなみに岩疲れでも入場料がタダなら行っていました。
残念ながら入場客がある程度見込める場所はオフシーズンでも入場料を取る模様。
残念ですが近場にあった、それっぽい単品の岩を撮影して次の目的地へと向かいました。

4f7a7419

はい次。
ホースシューベンド。

4f7a7427

馬の蹄鉄みたいに蛇行している川です。
落ちたらヤバそう、くらいしか書くことはありません。
そして翌日は朝から抽選に。
ザ・ウェイブというスポットが一日10名限定なので、
神頼みをしながら抽選会場に行きました。
仏様にも祈りました。
外れました。
キリスト教の神様の方が強いの?
とか思っていたら日本人カップルが当たっていました。
単に運が無いだけみたい。

気を取り直して次はグランドキャニオン。

4f7a7476

グランドキャニオンなんですが、こっちはパチもんです。
有名なのはサウスリムという場所からの眺めなので、
パチもんのノースリムは、いまいちグランドキャニオン感が出ていません。

4f7a7507

パチもんなので観光客が少なくて静かに過ごせますが、
いかんせんグランドキャニオン感が中途半端なので早々に立ち去りました。

そして岩Daysも終盤。
朝からアンテロープキャニオンへ。
ザ・ウェイブに行けたらスルーの予定だったので、
あわてて予約を取りました。
前日予約だったので光が差し込む幻想的な様子が見れる昼のツアーは売り切れ。
しゃぁなしで行ってみたものの普通に見事な景色に溜息が出ます。

4f7a7612

岩疲れしていても「は~」とか、

4f7a7624

「ほ~」とか声が漏れました。

4f7a7607

そして、ついにグランドサークルのメインイベントです。
グランドキャニオン!

4f7a7714

何か字面の迫力で一歩先行ってる感じがしますし、
観光客の数もオフシーズンとは言え沢山います。
ラスベガスからアクセスが良いのに加え、
やっぱり景色の迫力が他のスポットとは一線を画しています。
色々な展望スポットがあって、
違う場所から眺めると雰囲気が変わるのも良い。

4f7a7724

人が静かな場所で風の音だけを聞きながら眺める時間は、
なかなかのPriceless感。
ちなみに入場料は$30です。
一度払えば7日使えるので、翌日は早起きして朝日キャニオンです。

4f7a7792

正直、日の出だからと言って思ったほど感動はしなくって、
とにかく寒かった印象が強かったのですが、
もちろん壮大な景観に「は~」とか言いながら見入っていました。
やっぱりしゅごいグランドキャニオン!

というわけで。
6日間に及ぶグランドサークル・ドライブはこれにて終了。
どのスポットも印象的で、スピード違反以外は良い思い出になりました。
毎日の長距離ドライブは暫く休憩して、
セドナのパワースポットで力を蓄えたいと思います。

最新情報をチェックしよう!