ハリウッドの攻防戦~アメリカって国は!アメリカって国は!~

Aloha!

ハワイ気分のままに次なる目的地のロサンゼルスに到着しました。
夜中に発って早朝に着く便だったのですが、
通路側だったのが災いして頻繁に人がぶつかり一睡もできませんでした。
ぶつからないように歩いて欲しいものですが、
ぶつかる人の多くは丸々と肥えた女性で、
その丸々率も改めて考えると非常に高いことに気付きます。
普通の体系の女性の方が少ないんじゃないの?くらいの印象。
日本人と比べると雲泥の差ですね。

さて。
ロサンゼルスの計画は白紙です。
単純に宿泊費が高くて2泊しかしない予定だったので完全に消化試合。
とりあえずカフェ「Groundwork」でネットを見ながら計画を練ります。

4f7a6404

とりあえずハリウッド的なものは見ておこうということで、
無難な観光コースへ行くことに。

4f7a6414

手形足形くらいは見たいなと思っていたものの、
寝不足で全部見て回る気力は勿論ないので、
というか寝不足じゃなくても見て回らないと思いますが、
たまたま目に入ったシュワちゃんの型を撮影。

4f7a6429

稀に見るニックネームを持つハリウッドスターですからね。
さすがにミーハー心がザワついてしまいました。
ついでにスターウォーズも。

4f7a6435

これ以外にも色々とゆっくり見て回ろうかな、
とも思ったんですけど、すぐに立ち去ることになりました。
というのも、このストリートの有名なスポット前には、
CD売りが沢山いて良い雰囲気じゃないんですね。
自称DJが自分のCDを渡してきて、チップを要求してくる商売です。
あっさりした人も居ますが、
一番強引だったのは無視しても声をかけながら付いてきて、
強い口調で、

「自分の妻は日本人だ」
「俺は日本が好きなんだ」

みたいなことをまくしたて、
インスタの日本人女性アカウントを見せて、

「これが妻だ」

と主張してくる黒人。
日本が好きだって言ってんのに、
素通りすんじゃねぇよ的な圧力です。
かなり怖い。
仕方なく立ち止まって話をして、
CDを断っても強引に渡してきて、

「このCDはプレゼントだ」

なんてサインまでして渡してくる始末。
受け取らな終わらんのかいな…、
とCDを持って去ろうとすると、
自分の持っている札を見せながら

「Tip 云々…Small money 云々…」

とか何とか言いながら金銭を要求。
10ドルがどうのと言ってきたので、
Middle moneyくらいじゃんね?という突っ込みをしたかったのですが、
そんな余裕もなく相手のターンは続きます。
断っても同じやりとりが繰り返されたので、
強い口調で断って去ろうとすると、

「Get away!」

と怒鳴られるという結末と相成りました。
丸い女性の通路アタックによる寝不足に加えて、
悪質なCD売りに捕まってしまい、
この時点で極度のアメリカ嫌いに。
気分が悪くなったのでサクッと帰ることにしました。

それでもグルメスポットは外せない!
ということで帰りがけに寄ったのは「District Market」

4f7a6458

野菜や乾物に加えて、
色んなファストフードの店が並んでいます。

4f7a6470

腹ごしらえはこちらのチーズ専門店。

4f7a6491

注文したのはチーズサンド。

4f7a6498

美味しかったので少しだけアメリカのことは見直したんですけど、
まだまだ腹の虫は収まりません。
とりあえず初日はアメリカが嫌いのままで終了と相成りました。
ふくよかなアメリカ人女性の罪。
自称DJ&自称嫁が日本人の強引なCD売人の罪。
果たしてロサンゼルスは罪を雪ぐことができるのか。
次回、ロサンゼルス2日目。
乞うご期待!

最新情報をチェックしよう!