久しぶりの致命的遅延~遠のくパワースポット・シャスタ~

「飛べ!飛べよ!早く飛べ!
 飛行機のばっきゃろーーー!」

罵声虚しく5時間も飛行機が飛びませんでした。
ポートランドからシャスタへ。
パワースポットのシャスタ山が次なる目的地です。
普段からタイトなスケジュール組んでいないんですけど、
今回ばかりは困ったことになりましたよ。
シャスタに行くためにレディング空港でレンタカーを予約していたのですが、
営業所の営業時間は18時まで。
本来なら15時には着いている予定でしたが、
飛行機のばっきゃろーのせいで18時の時点で離陸していませんからね。

というわけで。
5時間の遅延のおかげでレンタカーは翌8時に空港でピックアップすることに。
必然的に宿泊はレディング空港近くのホテル。
しかも1万円。普段の倍!高い!
そして小さい空港なので待機タクシーはありません。
ホテルまで徒歩です。徒歩一時間。
歩道もない道路をキャリーバッグを転がして、ひたすら歩きます。
暗澹たる気持ちで一向に着く気配のない夜道。
すぐ横を通り過ぎる大きいトラック。
滲む汗。
流れる涙。

「もう駄目だよぉ…」

そんなタイミングで突然ハザードを点けて止まる車。
そう、救世主が現れたのです。
若い女性が

「急いでるの?乗せてあげるよ?」

って。
早歩きで移動していた甲斐がありましたわ。
まさに女神降臨です。
ちょっとぽっちゃりした女神。
優しい。
ちょっとぽっちゃりしてるけど。
そして車に乗ること5分弱。
ホテルに到着しました。
車って速いわ。
ちなみに飛行機はもっと速いはずなのに、
車で7時間のところ7時間以上かけてくれましたからね。
と、嫌味の一つも言いたくなるところですが、
その時はヘトヘトに疲れていたので、
愚痴をこぼすこともなく女神へ感謝の祈りを捧げてから就寝。

そして朝。
徒歩1時間は耐えられそうにないのでタクシーを手配。
10分もかからない距離なので勿体ない気持ちもありましたが背に腹は代えられません。
と諦めて乗車したところ料金は$20とか言い出しましたよ。
諦めていたと思ったんですけど、
$20とか言われたらぶり返してきました。
空港特別価格?
めちゃんこ近いのに?
入場料もかからないのに?
空港だからって理由だけで?
10分もかからないんだよ?
完全に空港利用者の足元を見た非人道的な値段設定です。
理不尽!昨日から理不尽続き!

「もう一度助けて!僕のぽっちゃりした女神様ぁ!」

と心で助けを求めている間に空港に到着。
正味7分。
気の弱い僕はチップ15%をマナーに従って払いレンタカーの営業所へ。
すると店員さんに、

「君もチャージしに行くのか?」

と聞かれました。
どうやらパワースポット好きの日本人が沢山来るらしく、
いつも疑問に思うとのこと。

「瞑想するのか?
 どうだったか教えてくれよ」

なんて言われながらキーを受け取り、
17時間押しのスケジュールでいよいよシャスタ山へ。
チャージする前に色々すり減っちゃったので、
とりあえず±0くらいにはすべくシャスタでチャージして参ります。

最新情報をチェックしよう!