ポートランドのお勧めカフェ紹介~カフェ好きならこの3軒へ!~

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

4f7a2978

ポートランドのカフェ紹介です!
カフェを訪ねて三万里を歩み始めて以来の意気込みで書こうと思ったのですが、
印象に残ってない店は思い出すことさえできません。
せっかく14軒も巡ったのに…。

さて。
その14軒の中で記憶に残っている印象的なカフェを3軒紹介します。
超個人的な観点からカフェに賞を与える感じの上から目線でいきましょう。
1軒は既に出てきましたが気にしません。

では最初はスタイリッシュ部門。
たいていどこのカフェもスタイリッシュなんですけどね。
センスの良い落ち着いた内装にお洒落な店員さん、みたいな。
なのでコーヒーの味についてアレやコレやと語れない僕にとっては、
どこのカフェもお洒落で美味しかったョ!でオシマイ。
に、なってしまうんですね。
そんな中でもスタイリッシュやなぁ~という印象のカフェは「Upper Left Roasters

4f7a2933
店内の写真を撮ろうにも席が埋まっていて撮りにくく、
良い感じの焙煎機前スペース写真がありません。
残念。
とにかく店内はスッキリお洒落な感じで明るい印象。
雰囲気も良い感じです。
活気があって清々しい感じがして居心地が良い。
そしてグッズもナイス。

4f7a2938
Tシャツのロゴは区画のマップになっています。
閑静な住宅区画Ladd’s Additionの左上にあるから「Upper Left」なんですけど、
地図はこんな感じ。

2016-10-18
ロゴでは店の位置だけ赤になっているんですね。
そんでもって「Upper Left」を表現する矢印をシンボルにしています。
色も白と赤を基調としていてシンプルで良い感じ。
料理は食べなかったのですが拘っている感じがしました。
まぁ、ポートランド人にかかると拘らない方がオカシイので当たり前っちゃ当たり前ですが。
全体的な印象としては何度も足を運びたくなるカフェ、という感じでしょうか。
息抜きにフラっと立ち寄ったり。
ブランチでアボカドトーストに舌鼓を打ってみたり。
コーヒー好きの友達へのプレゼントを買ってみたり。
マックをおっ広げてドヤ顔してみたり。
何にでも使えちゃう。ついつち行きたくなっちゃう。
スタイリッシュなだけじゃなくて実力が伴っているのが凄いですね。
凄いぞUpper Left Roasters!

はい。次。
カヌレ部門。
既に過去記事では書いているんですけど、
再び登場してきた実力派カヌレカフェ「Courier Coffee」です。
もうイチイチ語る必要はないと思います。
カヌレですよ、カヌレ。

4f7a2624
カヌレが美味いんです。
もう、それが全て。
と、言い切ってしまうと身も蓋もないので、
少々付け加えておきましょう。
コーヒーを楽しんでいる間は良い感じの音楽が流れていた。

4f7a2635
ような気がします。
レコードで音楽かける人ってセンス良さそうじゃない?
なんで多分良い感じの音楽だったはず。
覚えてないけど。
あと、もちろんコーヒーは美味しい。
確か。
うろ覚えだけど。
まぁ、だいたいのポートランドのカフェは美味しいので、
僕にとってはコーヒー以外のsomethingが大事なんです。
となると他の店と比べてカヌレ一つ分抜けているかな、と。
カヌレ一つ分が大きな差になる。
ポートランドのカフェ競争の激しさを物語っていますね。
まぁ僕限定の意見なので何の参考にもならないんですけど。
あと以前の記事にも書いたんですが、
コーヒー語辞典に取り上げられているのもポイントです。
これも僕限定の意見なので参考になりませんが。

はいはい。次です。
最後は店員さんが良い感じ部門でノミネート「Tov Coffee & Tea」です。
そもそも店員さんと触れ合ったのがこのカフェくらいなんですけどね。
そりゃノミネートが1軒なら受賞もすらぁな、という。
と、切って捨ててしまうと身も蓋もないんで、
このまま進めさせて頂きます。
そう、店員さんの雰囲気が良い。
基本的にポートランド人は性格が良い印象なのですが、
ここの店員さんは柔和でフレンドリーで親切。
今はポートランド人ですが、エジプト生まれとのこと。
なのでカフェのインテリアはエジプトテイストです。

4f7a2965
エジプトは行かずにスルーしたのでエジプトっぽいのかどうかわかりませんが、
少なくともカップはエジプトっぽい。
ソーサーもセットの柄でナイス。
あとTovのウリの一つは店が2階建てバスに入っていること。
こちらが2階。

4f7a2978
インスタ用に気合い入れてアングルを試行錯誤したので実際より5割増しになっていますが、
5割増さなくてもエスニックで雰囲気のある内装です。
テーブルも多分エジプト風。

4f7a2981
エジプト要素が随所に散りばめられていて良い感じ。
まぁ、僕にとっては内装は二の次で店員さんの対応の方が重要。
吉野家バイト時代にも厳しくQSCの重要性を叩き込まれましたからね。

「Quality, Service and Cleanlinessだオラァ!」

それはもうスパルタでした。
吉野家バイトの思い出をアツく語りたいところですが、
話が大きく横道に逸れる前に戻しましょう。
そう、サービス。
接客ですね。

「たかがコーヒー一杯に…」

と言うなかれ。
接客の良し悪しでコーヒーの後味が左右されるじゃない?
サービス1つがカフェ選びの基準になるかもしれないじゃない?
だからポートランドのカフェ競争を生き抜くには超重要じゃない?!
だからこそTovには競争を勝ち抜いて欲しい期待も込めて、
賞を授けさせて頂きます!
がんばれTov!

と、いうわけで。
ポートランドに行く人は是非この3軒には足を運んで頂きたいんですけど、
何かしら伝わったでしょうか。
少しでも興味を持って頂けると授賞式を開催した甲斐があるというものですが…。
いずれポートランドは素晴らしいカフェが多い素敵な都市。
ポートランドという都市に関しては自信を持ってお勧めさせて頂きます。
カフェ好きの方、カフェの店員さん、カフェ開業を目指す方は、
ぜひぜひポートランドへ。

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る