ポートランドのグルメ事情~フードトラックの楽園~

↓ 応援クリックしていただけますとうれしいです。ブログを書く励みになります!
世界一周人気ブログランキング
世界一周準備ブログランキング

4f7a2906

生来飽きっぽい性格なので、そろそろポートランド礼賛にも疲れてきました。
なので端折って端折って飲食部門をやっつけてしまいたいと思います。
先ず一番印象的なのはフードトラック村。

4f7a2902
フードトラックが集まる素敵スポットなんですけど、
ポートランドには村が至る所にあります。
レストランで食べるよりも値段が手ごろで、
しかも美味しい店がたくさん。
火を囲んで食べられるような場所もあったりします。

4f7a2943
トラックとは言うものの、ポートランドの場合は常駐型が殆ど。
トラック動きません。
なのでフードカートと呼ばれることも。
小さい店舗みたいな感じで空きテナントも偶に見かけます。
気合いの入っている店は石窯を備え付けたりしていて面白い。

4f7a2911
食べた中で美味しかったのは、
メキシコ料理を韓国テイストにした「KOi Fusion」のタコス。
挟んでいる肉が美味く、薬味も食欲をそそります。
何個でもいけちゃう。
この店は5店舗を展開。

4f7a3277
バーガー屋さん「The Doghouse PDX」のチキンバーガー。
衣はカリカリ、肉は柔らかくてジューシー。
今、思い出してもヨダレが出ちゃう。

4f7a2909
などなど。
もちろんカフェもありました。
他にも色々試したかったんですけど、
1週間の滞在ではもちろん足りません。
ちなみにフードトラックは人気商売で年収も500~600万円ほどらしい。
飲食で食べていく決意をした身としてはポートランドでも勝負してみたくなりますね。

その他にはワッフルのお店「The Waffle Window」も良い感じでした。
ベルギーで食べたスイーツ系ワッフルは最高だったのですが、
惣菜系ワッフルになると何か適当に乗っけました感が漂っていました。
ポートランドの惣菜系ワッフルのお手並み拝見ということで、
バスを乗り継いで出向いた次第です。
注文したのは玉子とソーセージを乗っけてグレービーソースをかけたもの。

4f7a2963
オ~マイ~コ~~~ンブ!!!
知ってます?
コミックボンボンで連載していたグルメ漫画OH!MYコンブ。
ポテチを砕いて料理に使ったり、
プリンに醤油をかけたりする系の漫画。
美味しい時の表現がこれなんですけど、
たまに思い出しては心の中で叫んでいます。
そう、味はとても良い感じ。

「ベルギーは黙ってワッフルに生クリーム乗っけとけば良いんだよ!」

と言わんばかりの絶妙な甘さと塩気のバランスです。
アメリカンドッグにも似た感じで、
1つの料理として完成されています。
そして仕上げのワケギっぽい薬味がニクい!
さすがポートランド人、拘ってますね。

お次はラーメン屋の「Kayo’s Ramen Bar
カツ丼が恋しくなって枕を濡らすことは度々あるのですが、
正直ラーメンに関しては男泣きするほどではありません。
が、ちょっとネットで調べていて気になったので行ってきました。

4f7a2767
内装は和テイスト。
奥さんが日本人で、旦那さんはアジア好きということで、
メニューには中国や台湾に影響を受けたものがあります。
注文したのはSichuan Mala。漢字で書くと四川麻辣。
辛いラーメンですが中辛なら問題ないっしょと思っていると、

4f7a2766
予想以上の辛さ。
ヤバい。汗がヤバい。
頭皮から汗が噴き出してきます。
そして味も予想以上の美味しさ。
日本でも通用するレベルです。
だからレンゲが止まらない。
辛いけどスープ飲みたい。
美味い。けど汗ヤバい。
辛い。けど美味い。
みたいなことを繰り返しながら、
けっこうスープを飲んでしまいました。
スープのクオリティが高いだけでなく、
辛味だけでなく柚子胡椒っぽいスパイスも良い感じで食欲を刺激してくるんですね。
さすがポートランド人、拘っています。

あと最後に地ビールのブルワリー。
ポートランドは星の数ほどブルワリーがあります。
今調べたら65軒くらいと星の数程ではありませんでしたが、
それでも1つの街にある数としては世界一とのこと。
と言っておきながら行ってきたのはサイダリーの「Reverend Nat’s Hard Cider」

4f7a3202
ハードサイダー、つまりシードル、つまりリンゴ酒の醸造所ですね。
お試しセットが頼めるので6種類お任せにしてみました。
空きっ腹の状態だったので直ぐ酔っちゃて、
気付いたらカウンターで寝てました。
味は良く覚えていません。
それぞれ特徴のある味だったのではないでしょうか。

さて。
ご飯部門はザク~っと紹介しました。
本題のカフェは14店舗巡ったのですが、
今回はここまでにして次回のカフェ特集に回したいと思います。
恐らく端折りに端折ると思いますが…。
では、また!

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

世界一周人気ブログランキングへ
にほんブログ村
世界一周準備ブログランキングへ

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け! 矢印 *お名前(苗字):
*メールアドレス:

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 0
    follow us in feedly
  • 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事



著者プロフィール


世界300軒の人気カフェを巡り、珈琲と食と世界を変える飲食店プロデューサーの卵
世界のカフェライター イマオカシ
1980年奈良県生まれ 35歳
大阪大学大学院修了後、10年勤務した製薬会社を退職。
2016年1月より1年かけて世界の300軒を超えるカフェを巡る世界一周を計画。
大学時代に研究した「脳と味覚」と、営業で培ったコミュニケーションスキルを活かし、世界の珈琲や超健康になる食の情報や人生を楽しむためのコツを発信する。
帰国後はスーパーフードで超健康になる食をテーマに、癒しの空間をプロデュースする飲食プロデューサー兼カフェ経営者を目指している。
モットーは「仲間を豊かに」「食で世界を変える」「おもろいことを仕事にする」である。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジン

世界のカフェライター イマオカシのメールマガジンを無料でお届け!

*お名前(苗字):
*メールアドレス:

友達&フォロー大歓迎です!

フォロー大歓迎!





チャンネル登録大歓迎!

ページ上部へ戻る