ポートランドに来たならStumptown Coffee Roasters~そんなことよりタコスだ!タコス!~

サードウェーブ・コーヒー。
この原点がポートランドには、ある。

ということで。
サードウェーブ・コーヒーに関してざ~~っくり説明します。
拘ったコーヒー。そう、拘ったコーヒー。
拘ったコーヒーを提供するのがサードウェーブ・コーヒー。
厳密に言うと流通のこととか細かくなるのでスルーするとして、
要は美味しいコーヒーを召し上がって頂きたい!
と思うバリスタさんが増えてブームになったということですね。
その、火付け役の一つがポートランドの「Stumptown Coffee Roasters
というわけで早速行ってきました。
お洒落な店内。

4f7a2665

カウンターに座るとテラリウムの中にバリスタのレゴ。

4f7a2669

そして注文したカプチーノ。

4f7a2659

美味しい。
さすが波に火付けするだけのことはあります。
もっと色々解説すべきところだと思いますが、
コメントは不得手なので、このくらいに。
到着した日に美味しいサラダ屋のカワイ子ちゃんに会えて、
有名なカフェも行けて順調過ぎるポートランド。
しゅごいぞポートランド。
と浮かれていたのですが、晩ご飯で訪れたメキシコ料理店「Por Que No
これがまた素晴らしかった。

4f7a2687

評判が良い店なので並ぶこと20分。
店のデザインだけでテンションが上がっていたのですが、
注文したタコスを食べてテンションが再び急上昇。

4f7a2693

ワンちゃんなら嬉ション待ったなし!レベルの美味しさ。
旅の中でもトップ3には入るインパクト。
しゅごい…しゅごいぞ…ポートランド…。
ポートランドのポテンシャルに震える手で零れるタコスの具を、
手づかみでワシワシ食べます。
汚れる手も気にせず缶ビールを掴んで流し込みます。
さらに食欲に溺れる獣のようにワシワシ食べます。
もう!とにかく食べたい!
一タコスも残さず食い尽くしたい!といった感じの凄まじい勢い。
だったので一瞬でなくなってしまいました。
タコスは…こんなにも儚いものなのか…。
口の中に残るパクチーの余韻…。
もう一口…もう一口だけでも…タコスを…。

さて。
コメントの中身はさて置き、コーヒーの時と比べると、
かなり長々とコメントしてしまいました。
コーヒーと比べること自体ナンセンスなんですが、
やはり世界的に人気の食べ物を工夫して美味しくしてしまうと、
インパクトのレベルが違いますわ。
食材のチョイス、味のバランス、スパイスの塩梅、
それらが絶妙に絡み合うハーモニー。
タコスをここまでのレベルにしてしまうなんて、まさに芸術の域…。
ちなみにコーヒーに関しても、もちろん「工夫」しています。
焙煎から淹れ方から内装からお菓子から色々と。
なのでポートランドには良いカフェが沢山。
カフェに限らずサラダ屋さんも然り、ですね。
一日サラっと巡っただけで、ポートランドに息づく「工夫」や「拘り」が伝わってきます。
この「拘り」が人を惹きつけて止まないポートランドの魅力。
ちなみにこの「拘り」には日本が持つ「拘り」に繋がる部分を感じます。
そんな「拘り」に出会う期待に胸を膨らませ、
今日はサラダ屋の娘っ子とタコスを食べに行く夢を見たいと思います。

最新情報をチェックしよう!