バンクーバーの表裏とカフェ巡り~丼orCurry?~

めちゃんこ住みやすい都市バンクーバー。
確かに住みやすそうで居心地が良い、がしかし。
Streetを一本跨ぐと別世界が存在します。
不自然に痩せて目が死んでいる人。
交差点で大声を張り上げている人。
視線を彷徨わせ、ぶつぶつ喋りながら歩いている人。
とてもじゃないですけど、
快適に住めるような環境とは思えないエリア。
何も知らずに踏み込んでしまい、超早歩きで駆け抜けて脱出。
からのカフェ「Lost + Found Cafe

4f7a1866

内装が気になって入りました。
というより、早く安全な場所に避難したかった。
すれ違う人に、ほぼ100%恐怖を覚えることなんてなかなか無いですから。
かのナイロビでさえ、そんな雰囲気はありませんでしたから。
とりあえず、そのカフェからも一目散。
闇の見えない光のエリアに一目散。

さて。
昨日の夜にラーメンを食べて日本食欲が満たされたかと思いきや、
眠れる獅子が起きたちゃった感じで、日本食欲が溢れてきました。
日本人が多い街なので色々選択肢があるのですが、
どうしてもカツ丼に惹かれます。
海外に出て気付いたカツ丼愛。
帰国したら「カツ丼を訪ねて三千里」始めるかもしれない。
というわけでカツ丼を求めて「ZAC-ZAC Japanese Curry House」へ。
ただ、ここに来てカツ丼とカツカレーで迷います。
カレーの薫りには魔力が秘められていますから、
僕のカツ丼愛と魔力との戦いです。
メニューを見上げてても埒が明かないので、
店員さんのお勧めを聞いたらカツカレー。
聞いてしまった手前、頼まざるを得ないカツカレー。
っていうか答えが用意されていたかのような即答だったので、
恐らくカツ丼がイマイチな可能性もあります。
というわけでカツカレー!

img_20160925_132105

美味い…。
見た目は繊細さの欠片もないんですけどソースが美味い。
具は、ほぼ無いんですけどソースが美味い。
肉は少々パサついているんですけどソースが美味い。
美味いと言っても比較の対象がイギリスで食べたカレー。
日本で食べたら普通だと思いますが、それでもソースが美味い。
あぁ…日本食欲が満たされてゆく…。

さて。
することがなくなりました。
バンクーバーは住みやすいんですけど、
住む以外はからっきし。
なのでとりあえず散歩です。
住みやすい街のスーパー。

img_20160925_083626

壮大な作画崩壊。

img_20160925_083613

頬骨が気になってしょうがないですし、
サスペンダーが闘魂タオルに見えるしで、
買い物どころじゃありません。
そしてマフィンの美味かった「Matchstick Coffee」再び。

4f7a1929

今回はクロワッサンを頼んでみましたが、
ちょっとヘビーでボリューミー。
残念。
そして、そのまま翌日行ったカフェ「The Message Cafe」をサラッと紹介。
自転車。

4f7a1901

自転車。

4f7a1905

自転車(フレームのみ)。

4f7a1913

以上。
そしてバス停へ。
次なる目的地はアメリカ。
この旅の山場アメリカです。
アメリカだけで、この旅の本懐を遂げられるんじゃないの?
って思うくらい期待を膨らませてアメリカへ向かいます。
そう、ようやくカフェを訪ねる時がやってまいりました。
乞うご期待!

最新情報をチェックしよう!