バンクーバーで和風ホットドッグに舌鼓~旅の趣旨変更のお知らせ~

常に危険と隣合わせのナイロビの日々かと思いきや、
異常なまでに危険から遠ざかろうと頑張っていたため、
拍子抜けなくらい安全に旅することができました。

と、過去を振り返るのは良いのですが、
ナイロビからの移動が、これまた大変。
oneworldの世界一周旅行券を使った区間なので、
融通が利かない移動なんですね。
無理矢理アフリカから北米へ飛ばないといけない。

ナイロビ→ロンドン(9時間)
ロンドンの空港(11時間滞在)
ロンドン→→バンクーバー(9時間30分)

ざっくり30時間ですわ。
睡眠する時間があるとは言え、なかなか辛い都市間移動。
ただ、もう着いてしまった今となっては、あっという間の30時間。

というわけで。
世界の住みやすい都市第三位のバンクーバーに着きました。
写真は撮り損ねたのですが、
空港内に緑や滝がある時点で期待が持てますね。
って言うか、空港に住むのも悪くないくらい。
せせらぎに包まれていたい。

さて。
到着は夜だったので、
翌日の朝からバンクーバーを散策。
サクッと2軒カフェを回ってから、

4f7a1728

4f7a1732

興味のあったホットドッグ屋さん「JAPADOG」へ。
2005年に日本人夫婦が0から準備を始めた屋台が、
今ではニューヨークに店を持つまでになっています。
赤ちゃんを育てながらの経営だったのでが、これまた凄い。
まさに不撓不屈の精神です。
店舗型のお店に行って注文したのは人気メニューの「KUROBUTA TERIMAYO」

4f7a1735

美味い。
ノリが美味い、いや、照り焼きソースが美味い、
いやいや、マヨも美味い、いやいやいや、何よりソーセージが美味い。
脇役が…一つとしてない…。
素材のオーケストラが口の中で奏でるメロディー。
目を瞑ってその音色に酔いしれます。
ノリ…ソース、マヨ、ソーセージ…嗚呼、ハーモニー…。
味なのに音色とか言っちゃって、
ちょっと頭がおかしくなっちゃったんですけど、
それくらい良い感じってことですね。
まぁ、言ってもB級グルメなんですけど、
満足度は非常に高いと言えるでしょう。
日本ぽさ、美味しさ、手軽さを兼ね備えた、
まさにA級B級グルメ…。
B級だって言ってるのにA級とか言っちゃって、
ちょっとどころじゃなく頭がおかしくなってるかもしれないんですけど、
それもJAPADOGのホットドッグの美味しさの成せる業ということで。

ホットドッグに満足したあと、
あんまり満足しないカフェに行き、
その夜はバンクーバー在住の友人と落ち合うことに。
知り合いと海外で会う企画の第5弾。
今回はフィリピンのバコロドにある語学学校で出会ったOKA。
バンクーバーで美容師をしています。
手羽先をつまみながら近況報告やら昔話やら。
お互いの目標を話したりして良い時間を過ごしました。
ちなみに僕の目標の一つは福岡とフィリピンのバコロドに直行便を作ることです。

「いや、それは無理だろ…
 そもそも流れ的にホットドッグ関連だろ…」

という声が聞こえてきますね。
確かに今は親の脛を本気で齧っている35歳の家事手伝い身分ですし?
安全安心第一でチャレンジングな旅は二の次、三の次というヘタレぶりですし?
どんな困難にも屈しなかったJAPADOGのオーナーに比べると、
基本的にけっこう屈しやすいメンタルですし?
だが、しかし。
不可能というわけではないでしょ?
ということで。
カフェを訪ねて三万里を改めまして、

「福岡空港とバコロド空港の直行便開設を目指して七万マイル」

どうぞ、これからも宜しくお願い申し上げます。

最新情報をチェックしよう!