レイキャビクの本格派カフェと名物スープ~凍死の危機を乗り越えろ~

「さっっっぶ!」

アイスランドだからね。しょうがないね。
飛行機からタラップに出た瞬間に悟りました。
重ね着が足りない。
秋口で8~10℃といったことろなんですけど、
Tシャツとパーカーでは凍えてしまいます。
とりあえず重ね着をすべくホテルに向かいます。
ヒートテック→Tシャツ→ウルトラスリムダウン→パーカー→レインジャケット。
完璧。
ちなみにレインジャケットは必須です。
ほとんど毎日雨が降る上に、天気も変わり易いアイスランド。
町中の人を見てみると、殆どがレインジャケット着用です。
風も強い時が多いので、傘より雨合羽というわけですね。

さて。
着込みに着込んだところで町中へ。
先ずはカフェ「Reykjavik Roasters

4f7a9079

豆に拘っているカフェの殆どはHARIOの道具を使っているのですが、
ここは珍しくKaritaの道具を使っています。
非常に偏見に満ちた分析ですが、
店主は変化球好きのトリッキーな性格なのでしょう。
ちなみに超ウルトラハイパーちょべりば物価高のアイスランドですが、
コーヒーに関しては目玉が飛び出る程ではありません。
一杯500~600円くらい。

4f7a9069

カフェ巡りに支障が出なくて良かった…。
肩を撫でおろし、一息ついたところでカフェから近くの教会へ。
モダン!

4f7a9025

シュッとしてる!

4f7a9026

絵画までモダン!

4f7a9030

ここアイスランドは歴史が浅い上に、
元々が北欧神話の信仰でしたからね。
ヨーロッパでよく見る石造りの古い教会は見かけません。
まぁ、それにしても思い切ったモダンっぷりですわ。
そして、それから街歩き。
ヴァイキングの船がモダンに。

4f7a9101

家もモダン。

4f7a9104

ゲシュタルト崩壊間近のモダン。
崩れてしまう前にモダンじゃない夕食を紹介。
パンに入ったスープで有名な「Svarta kaffi
ここに来て物価の問題です。
先ずは300ccのビールは800円くらい。

4f7a9122

そしてメインのスープは2000円弱。

4f7a9126

過去を振り返るとモロッコ人のウルトラぼったくり5倍価格で、
タジン鍋が750円ですからね。
実際は130円くらい。
比較するアレでもないんですけど比べずにはいられません。
晩ご飯をカップ麺で済ませるという技もなくはないんですけど、
外食も経験のうちですからね。仕方ないね。

一気に涼しくなった財布を抱えて宿に戻ります。
そして再び物価問題。
安宿の中でも珍しく掛け布団が別料金で900円。
LCCの預入荷物は別料金だよ?みたいな戦略です。
卑怯なりよ!と文句を言いたいところですけど、
これも商売ですからね。逆らうことはできません。
温かい布団で眠るんだろうな、と思っていたんですけど、
ここはグッと堪えて冷たいマットレスに寝転がることに。
どうか凍死しませんように…。
そして深夜?朝方?
案の定寒さで起きます。

「さっっっっぶ!」

苦し紛れにレインジャケットをかけてみますが焼け石に水。
どうしようもないので丸まって眠くなるのを待ちます。
そんなことを何度か繰り返し、朝を迎えます。

「生きてて良かった…」

モロッコに続いてアイスランドでも命の危機。
いくつ命があっても足りない危険な旅路。
デリケートな僕には過酷な旅はまだ続きます。

最新情報をチェックしよう!