モロッコ名物クスクスを超高級店で~マジョレル庭園も超高級庭園~

モロッコは暑い。
日中に出歩くのは自殺行為。
お肌の老化にも繋がってしまう。
シミ、ソバカスが増えてしまう。
何度かお伝えしていますが、
僕はバックパッカーとか旅人とかいうジャンルに属しません。
旅する家事手伝いです。
サバイバル能力は極めて低いのです。
インドもスキップしましたし、
なるべく過酷な環境は避けてきました。
肌も胃腸もデリケート。
でもモロッコに来てしまった。
しょうがないので涼しいうちに落ち着いた場所で過ごします。

物価の安いモロッコにあって、
入場料が700円もする超高級スポット「マジョレル庭園
画家のマジョレルが作り、イヴサンローランが愛した庭園。
庭園好きの僕としては最高のスポット。
デリケートな肌を木陰が守ってくれる優しいスポット。

と、いうわけで写真でサクサク紹介します。

4f7a8418

4f7a8257

4f7a8226

4f7a8270

一通り撮影できたので、人が増える前に園内のカフェで休みます。
本音はジュースをゴクゴク2杯いきたいところなんですけど、
カフェ巡りの使命を重視してモロッココーヒーのNous Nousを注文。

4f7a8302

木漏れ日の差す素敵テラス。
一日中のんびりしていられそうな雰囲気。
さらに屋内も良い感じ。

4f7a8312

癒すぞ!という意志が伝わってきます。
ここで載せた写真以外にも見どころは盛り沢山。
ショップはお洒落な服とか置いていたり、
併設のイヴサンローランのプチミュージアムでは、
彼の作品が飾ってあったり。

4f7a8338

思いのほか癒され、楽しみ、刺激も受けたスポット。
庭園作りたい。

さて。
39℃ですわ。
屋外の活動限界は著しく低下します。
速やかに日陰で休むべく宿へ。
速やかに部屋へ戻りシエスタ。
がっつり夕方まで寝たところで、
次の旅の準備をしたり、ブログを書いたり。
何だかんだ作業が進みます。
外で動けない環境も悪いことばかりじゃないですね。

そうこうしているうちに、お腹が空いてきたのでディナーへ出かけます。
本日はモロッコ名物クスクス。
宿の女将さんから聞いて初めて認識したわけですが、
聞いたからには試さないわけにはいきません。
どこでも食べられるとのことでしたが、
美味しい店を教えてもらいました。
値段を聞くとかなり高級。飲み物付けると1300円くらい。
タジン鍋10個分ですね。
高い食事をした話の時に、食事にお金を使わない派が持ち出す理論。

「牛丼10杯食べられるやんけ!」

あと高いケーキなんか食べると、

「それでラーメン食べられるやんけ!」

みたいな理論も近い方程式ですね。
僕の場合食事に関しては金に糸目は付けないスタイルなので、
タジン鍋10個理論も右から左へ受け流します。
断固たる決意で高級クスクスが食べられる店「Nomad」へ。
眺め良し。

4f7a8451

見た目良し。

4f7a8469

味良し。
量は一人では食べきれないくらいの量。
でも美味しい。でも苦しい。
パンパンのお腹をさすりながら日の暮れた道を戻ります。
庭園が素敵なモロッコ。
シエスタが気持ち良いモロッコ。
クスクスが美味しいモロッコ。
ちょっと苦手だったモロッコ。
ちょっと苦手じゃないかもと思い始めたモロッコ。

最新情報をチェックしよう!