モロッコでタジン鍋~マラケシュのカフェとフナ市場~

モロッコ?

いまいちモロッコについてわかっていません。
直前に調べていると客引きが激しいということは理解しました。
あと暑い。
東南アジアチックな感じかな?と構えていたら、
だいたいそんな感じでした。
余談ですが↑の東南が盗難と自動変換されました。
パソコンによって傷に塩を塗られるとは思いませんでしたね。
まだまだ、すり被害のショックから立ち直れていないのに…。

さて。無理やり気を取り直します。
すりの被害で有名なバルセロナから2時間。
マラケシュ空港に到着しました。
それから中心地までバスで移動。
宿はアムステルダムで写真撮影を依頼した方から教えてもらった「Dar Mirai
モロッコに嫁いだ日本人オーナー岩間ひかるさん【blog:モロッコ旅の達人】に迎えて頂きました。
テレビにも出演されているみたいです。
登場の場面→「世界の日本人妻は見た
しゅごい!
Full Ver.↓

オランダ以来の日本語会話。
日本語を話せる幸せを噛みしめるというか、
英語さえも話していないので久しぶりに声帯がよく震えていますね。
こんな調子の旅が続きそうなので帰国する頃には声が小さくなっているかもしれない。
帰国直後にお会いする方は野々村議員スタイルで耳を傾けて頂ければ幸いです。

さてさて。
着いた時間はお昼頃。
お腹が空いたのでおすすめして貰ったタジン鍋の店へ。
ちなみにタジン鍋が名物というのも、この時知りました。
炭火を使った鍋が美味しいらしい。

4f7a8065

さっそく注文。
13ディルハム。130円くらい。安い。

4f7a8063

ここの店に着くまでに他の店で値段を聞いてみたんですけど、
75ディルハムと言われました。これがモロッコスタイルか。
その後は観光で溢れる「Cafe Des Epices」でスパイスコーヒー。

4f7a8078

何かのスパイスが効いています。
そこまで美味しくないので何のスパイスかは聞きませんでした。
ちなみにホット。ちなみに気温は39℃。
飲み干して直ぐにミックスジュースを注文してしまいました。
本当に暑くて屋外での活動限界は極めて低くなっています。
なのでジュースを素早く飲み干し、街並みを眺めながら、

4f7a8070

4f7a8068

4f7a8083

一度宿に戻ります。
日没の20時前後にフナ市場の景色が良い感じになるらしいので、
18時30分頃から活動開始。
日本人には有名なフナ市場屋台の14番でディナーです。
席に案内された時は未だ準備中で20~30分待たされました。
これがモロッコスタイル。
待っている間に洗い場の水をわざとかけただろ、
みたいなことが原因で隣の店員と喧嘩が始まりました。
これもモロッコスタイル。
徐々に料理ができてきますが、
揚がったフライがショーケースに乱暴にばらまかれます。

4f7a8091

もちろん、これもモロッコスタイル。
そしてようやく料理提供。
先ずはパンが配られた後にナスの料理「ザッルーク」です。

4f7a8087

見た目はゲロ不味な感じなんですけど、
味はゲ〇とは程遠く、なかなか美味。
そしてフライ。

4f7a8088

イカフライが柔らかくて美味い。
ビールが欲しくなるものの、ここはイスラム圏。
お酒が置いてある店は限られます。
無念!からのジュース!

4f7a8095

フレッシュオレンジジュースが40円くらいなので、
ついつい飲んでしまいます。
そして眺めが良いカフェのテラス席へ。

4f7a8105

えぇやん。

4f7a8136

画になるやん。
ついでに広場の催し物のペットボトル釣り。

4f7a8151

子どものボクシング。

4f7a8146

他にも色々やっています。
市場の喧騒を肌で感じ、人の営みを眺めていると、
いつの間にか日はとっぷり暮れてきました。

4f7a8199

日没を境に奏でられる音楽も変わるので、
雰囲気が別の世界のようになっています。
最初は苦手かな?と感じたモロッコ。
一日を過ごして少し苦手かな?くらいにイメージアップ。
悪くないモロッコ。
ただ日本人を見つけると

「ち〇こ!ちん〇!おかま!」

と言ってくるのは止めて頂きたい。

最新情報をチェックしよう!