アムステルダムでヨガと和食とリンゴタルト~和印洋折衷食べ歩き~

もっと長く滞在すれば良かった…。

と、涙がちょちょ切れんばかりの3日目の朝。
今日は朝からヨガです。
そう、ダルシムでお馴染みのヨガです。
火を噴いたり、瞬間移動したりするヨガ。
ちょっと離れた所にある物を取る時にも伸びる腕が役に立ちます。
グルメも風車も満喫して更にヨガまで。
アムステルダムのポテンシャルの高さが伺えます。
あぁ…離れたくない…。

というわけで。10ユーロでヨガレッスン。
ブルガリアではウルトラハードなヨガで、
しばらく動きがぎこちなくなってしまいましたので、
今回はウルトライージーなものを選びます。
朝からヨガ…何と健康的なことでしょう…。
華麗に腕を伸ばしたり、優雅に空中に浮いたりする写真は撮ってないんですけど、
ここ「YAY Health Store & More」はヨガのレッスンが受けられてヘルシーな食事もできます。

4F7A6587

すばらしきかな健康生活。
すばらしきかなアムステルダム。
この満たされたままの気持ちで帰国できれば何と幸せなことか…。
もうアムステルダムの屋台に弟子入りして、

4F7A6598

日本でチキンケバブサンド屋さん始めればえぇやん…。
と思わないではないんですけど、
貪欲に更なる素敵都市を目指さなくてはいけません。
何せ購入済みのチケットがありますから。
このまま帰国したら、もったいないオバケが出てきますから。
もったいないオバケをご存知ない方は↓の動画でご確認ください。

さて。
ヘルシーを蓄えたところで、
ヘルシー度外視の食い倒れを始めます。
先ずは「The Pancake Bakery
クレープで有名なお店です。
生地はモチモチしたタイプ。
フルーツを乗せたものとか惣菜系のクレープもあります。
が、やっぱクレープと言えばチョコバナナでしょ!

4F7A6795

と、頼んでみたのは良いんですが、
写真で見る以上にボリューミー。
こんな胸焼け必至やんけ…と思ったら、
生クリームがそんなにもたれなくてペロっといけてしまいました。
クレープ部門ではスリランカの「t-Lounge」には及ばないですが、
なかなか良いクオリティー。
はい!次!「de taart van m’n tante
脊髄反射でリンゴタルトを頼みます。

4F7A6816

アムステルダムに来て以来、
リンゴタルトを頼まずにいられないカラダになっちゃったんでしょうがない。
ちなみに、ここのカフェは内装が楽しい感じです。
派手なケーキ。

4F7A6821

ファンシーなテラス。

4F7A6823

何だか楽しくなっちゃいます。
はい!次!おにぎり!

4F7A6827

日本食が恋しくなってますからね。
おにぎりと味噌汁があったら頼まないわけにはいかない。
この店「Onigiri YA!」は日本人の方が経営しています。
おにぎりの味も美味しい。米が美味い。
長くアムステルダムに居て洋食に飽きた方には是非おすすめしたい店。

4F7A6872

外国人が来てはガツガツおかわりして大絶賛で帰ります。
おにぎりのポテンシャル恐るべし…。
それからは腹ごなしに散歩。
可愛いTシャツ。

4F7A6884

海外の橋でよく見る鍵だらけのやつ。

4F7A6917

そして、おにぎり屋さんのオーナーにお勧めされた店「De Japanner」でディナー。
将来、海外での飲食店事業も考えているという話をしたら、
日本人オーナーで評判の居酒屋を教えてくれました。
注文したのはエノキ。

4F7A6850

チキンカツ。

4F7A6855

とんかつソースが懐かしくて涙腺が緩んでしまいます。
そして〆は再びおにぎり。
気になっていたのですが、昼間は満腹で試さなかったチーズおにぎり。

4F7A6869

美味い…めちゃ美味い…。
これぞ和洋折衷の神髄やで…。
そして食後のデザートは「Latei」でリンゴタルト。

4F7A6948

店ごとに特徴があるので試さずにはいられないリンゴタルト。
そして、これがアムステルダム最後のリンゴタルト。
思えばあっという間の3日間。
グルメの感性も磨かれ、
リスクマネージメント力も研ぎ澄まされ、
良い思い出が盛り沢山のアムステルダム。
ヨーロッパの旅行の候補にアムステルダムを!
ぜひご検討頂ければ幸いでございます!

最新情報をチェックしよう!