世界遺産じゃない風車への旅~アムステルダムでのトラブルを添えて~

初日のハイテンションから打って変わり、
2日目の朝は滝のような冷や汗から始まりました。

この日は風車を見に行くつもりで早起き。
ついでに人気のオムレツ屋さんは早めに行った方が良い、
ということで朝イチから澄んだ空気の中を歩いて店まで。
TripAdvisorさんが言うほど美味しくはなかったので、
特に店については言及はしませんが、
朝イチからの玉子料理は気分が良くなるもので、
遠足を前にテンションが上がります。

4F7A6621

そして会計前。一気にテンションが下がります。
財布が無い。
そりゃテンションも下がりますわ。
食い逃げするかしないかの選択を迫られたわけですからね。
しか~し!
リスクマネージメントのプロである僕には死角はありません。
予備のマスターカードが鞄に仕込んであるのです。
ありがとう!マスターカードマン!
鞄の奥の奥からガサゴソと取り出したカード。
どうだ!と、ばかりに会計へ。

『ピー!』

一気にテンションが下がります。
まさかのカード使用不能。
まさかの支払い滞納。
支払いの滞納に関しては今に始まったことじゃないんですけど、
よりによって滅多に使わないカードが、
珍しく必要とされる千載一遇のチャンスでコレですわ。
しか~し!
リスクマネージメントのプロである僕には死角はありません。
困った時のお餞別ですよ。
母上から賜りましたお餞別も鞄に潜ませてあるのです。
いざという時の1万円札。
まさかオムライス代に使うことになるとは思っていませんでした。
ありがとう!母上!
一応、その場で金を持っていることを店員にアピールしつつ、
鞄を店に置いて両替所を探しに行きます。
まだ9時にもなっていないので両替できるか不安だったんですけど、
駅まで行ったら両替所が空いていたので早速両替。
レートが悪かろうが関係ないです。
オムレツ代を支払わないと捕まってしまいますからね。
貴重なユーロを握りしめて店に戻り、
どうだ!と、ばかりに会計へ。
もちろん今度はNo Probrem。
お待たせしました。ようやく本題に入れます。

風車の話です。
世界遺産に指定されている風車はアムステルダムから遠いので、
普通の風車を見に行くことにしました。
電車に揺られること20分ちょい。
駅から歩くこと20分。ザーンセ・スカンスに到着。
ようやく風車が見えてきました。

4F7A6624

迫力に欠ける感じがしますが、
まぁ普通の風車なんで贅沢は言えません。
迫力を感じたかったら片道2時間かけて世界遺産風車を見に行くしかないんです。
とは言え。
何だかんだ近くで見ると悪くない。

4F7A6658

もちろん迫力に欠ける感じは否めないんですけど雰囲気は味わえます。
それっぽい写真を撮ることができたので帰る前に周辺を散歩。

4F7A6625

カフェは未だ空いてなかったのでソフトクリームに手を出したら、
プラッチックみたい舌触りがしました。
もしここの風車を見に行く機会がある方は気を付けてください。
ソフトクリームを食べきれなかったのは35年の人生でこの時だけです。
恐るべしプラッチックソフト。
風車で少し上がったテンションが、また下がり、
項垂れながらアムステルダムへ。
もう盛り沢山な一日になってしまったので、
後は華麗に流してしまいしょう。
先ずはカフェ「Zuivere Koffie

4F7A6727

アムステルダムのアップルパイレベルは高い。
そしてニシン。

4F7A6757

白ワインが欲しくなる。
アムステルダム名物ですね。
こんな感じで屋台が点在しています。

4F7A6748

続いてポテトフライ。

4F7A6764

これも名物。評判の良い「Vlaams Friteshuis Vleminckx
ポテトフライ如きが名物…?!という気がしないでもないんですけど、
ポテトが太くて食べ応えがあったり、
ソースが色々選べたりするので良しとします。
何とか手持ちのお金も足りて、
風車もグルメも楽しめた2日目のアムステルダム。
リスクマネージメントの大切を噛みしめつつ、
残り僅かなアムステルダムを楽しみます。
既に名残惜しい!

最新情報をチェックしよう!