アムステルダムでプロフィール写真撮影&カフェ巡り

オランダはアムステルダムにやってまいりました。
ここでのテーマはプロフィール写真の撮影です。
Facebookのプロフィール写真には、
フィリピンのペインティング・フェスティバルの時の写真を使っていました。

12621956_965514276868275_2065028435387561939_o

何とも小汚いではありませんか。
旅の間もシャワーも洗濯もマメにこなしている清潔なイメージとかけ離れています。
清潔、安全、無理はしない。
そんな軟弱なスタイルの旅をしていますからね。
厳しい環境に耐え抜くバックパッカーからは程遠いのです。
なのでカフェを訪ねる軟弱な旅する家事手伝いらしい写真が必要。
そこで海外在住の人にサービスを依頼するトラベロコを活用することにしました。
サービスは観光地で2時間撮影してもらえるという内容です。
もちろん観光地ではなく、カフェでの撮影で依頼。
川沿いのお洒落なカフェでコーヒーを飲む姿とか分かり易くて良いですもんね。
こんな感じで。

SHO_8311

ケーキも食べたりして。

SHO_8330

ケーキを齧ってる風にしてるフェイク感が何とも情けないですが、
それはそれでご愛嬌ということで。
ちなみにカフェは「Cafe de Jaren」です。
一応、目的は達成したのですが、
はしごカフェをして撮影です。
おすすめされたハイセンスなカフェ「Droog Amsterdam」へ。
ホテルも併設されていて服や雑貨も売られている。
服もトガったデザインで雑貨もお洒落。
さすがデザインの総合商社的な商売してるだけはあります。
もちろんカフェもお洒落過ぎて、
ついつい雰囲気に押されてチーズとワインを注文。
こういうのがハイソって言うのかしら?
みたいな写真を撮りつつ、

SHO_8373

定番のろくろ回し写真も撮影します。

SHO_8426

いつの日か取材を受ける時のための練習みたいなもんですね。
軟弱な旅をしているようでは取材を受けるチャンスが少なそうなので、
これからは少しくらいハードな旅をしようかな?
なんて考えちゃいますね。多分しないけど。
写真撮影はさて置き。
このカフェ本当にお洒落というか、
面白いというか、写真の撮り甲斐があるというか。
水槽。

4F7A6497

オブジェ。

4F7A6513

何かのためのスペース。

4F7A6499

ショップの裸エプロン。

4F7A6553

もう何から何までハイセンス。
椅子までも!

4F7A6484

ショップで買いたい衝動を抑えつつ見て回り、
最後にお洒落な中庭を撮影してカフェを後に。

4F7A6519

アムステルダムに来て早々に満足感に包まれました。
ありがとうアムステルダム。
そして、さようならアムステルダム。
素晴らしい経験ができたので日本に帰ります。
みたいな感じでフィナーレを迎えられたら良かったんですけど、
中途半端な男はモテないですからね。
バーのカウンターでドヤ顔できるほど訪問国数稼いでないですし。
まだ旅は続けなくてはいけません。
とりあえず気候も穏やかなので散歩します。
フラワーマーケットという名の球根マーケット。

4F7A6580

アルバート・カイプ市場のチキンケバブ?屋さん。

4F7A6598

ちなみにここで売っているチキンはめちゃんこ美味い。
ホットドッグを注文しましたが、

4F7A6604

あっちゅう間にペロリと平らげちゃいました。
アラブ圏の料理なんでオランダとは関係ないんですけど、
オランダで食べた料理で一番美味しかったのがコレ。
最後の晩餐候補に躍り出てくるくらいのポテンシャル。
たかがチキン、されどチキン。
チキンライスと争う最後の晩餐レース。

4F7A6747

これから新たな晩餐候補が現れることも期待しつつ、
良い感じの余韻に浸りながら一日目が終了。
幸先の良いアムステルダム。
このままで良い感じで進むことを祈ります。

最新情報をチェックしよう!