クールマイユールへ向かった理由~デジャヴを求めて三万里~

「貴方はモンブランの麓で生活していたことがありますよ」

と、とある前世の見える方に言われていました。
ほんならデジャヴ見に行ったろか!
きっと懐かしい気持ちになるやろ!
という目的でイタリアはクールマイユールへ。
ジュネーヴからはバスでフランスのシャモニーを経由します。
シャモニーではロープを担いだ登山客がチラホラ。
多くの人が登山やトレッキングを目的とする中、
僕は一人デジャヴを期待してバスを待ちます。

バスから雪を被る山々を眺めていると、
あっという間にクールマイユールへ。
バス停へ降り立ち山を見上げると、
そこには懐かしくも何ともないモンブラン。

4F7A2886

全てが目新しく新鮮そのもの。
デジャヴの’デ’の字も出てこない。
気張っても唸ってもウンともスンとも言わない。
わざわざ物価の高いジュネーヴ経由してまで来たのに…。
と、肩を落としたものの、
散歩してみると快適で良い感じ。

4F7A2861

ジェラートもスイスより安い!

P_20160710_192245

眺めも良い!

4F7A3139

もう前世なんてどうでもいい!
と半ば無理やり諦めるような感じになってしまったのですが、
とりあえずモンブランの麓の街を楽しむことに。
残念ながら、クールマイユールはスキーリゾートなので、
基本的にご飯は高くスイス同様、惣菜屋で対応。

P_20160710_201006

ラザニア。

P_20160710_202145

ヤギヨーグルト。
味は臭みの強い羊肉から漂う風味をまとっています。
鼻呼吸を完全に停止し、速やかに胃袋へ流し込みました。

さて。
せっかくなので翌日はモンブランを間近で眺めることに。
ロープーウェイで標高3300mくらいの場所まで行けるので、
特段苦労はありません。
徒歩で駅まで向かったのですが、
街並みも良い感じなのであっという間。

4F7A2916

ただ、うっかり半袖短パンで来てしまいました。
まぁ、死ぬことはないでしょう。
ロープーウェイは途中一駅経由し、その後は一気に頂上へ。
モンブランは逃げないので、とりあえずカフェ巡りです。
カフェも逃げないっちゃ逃げないんですけど、
とりあえずカフェへ向かいます。

4F7A2929

良い眺め!
美味しく感じるわけではないんですけど、
味わいながら感動に浸ります。
一仕事終えたので早速モンブランを拝みに展望台へ。
酸素の薄い中、息を切らせて昇ったんですけど、
残念ながら頂上は雲の中。

4F7A2931

他のマイナーな頂上は良い感じ。

4F7A3008

再び息を切らせて雪道を歩いたり。

4F7A2984

しているうちに頭が軽く疼いてきたので、
モンブランの頂上を拝むのはあきらめて下山。
中継駅の花畑を楽しみます。

4F7A3057

4F7A3127

帰りのロープーウェイでも景色を楽しみながら、

4F7A3033

帰りは再び徒歩。
そろそろデジャヴが見れるかな?
なんて淡い期待も空しく、イージー登山は終了。
翌日は生憎の雨だったのですが、
思いのほか充実した時間を過ごすことができました。
前世目的で来たので消化不良で終わりましたが、
トレッキングかスキー目的で来る分には最高の街クールマイユール。
ちょっとアクセスは悪いですが、激しくお勧めします!

最新情報をチェックしよう!