ディズニーランド・パリで自分を解き放つ~Let it go~

It’s a small world!
やっぱディズニー最高やん!

と心から叫ぶくらいディズニーに心酔しております。
ドナルドとの記念撮影で見事にディズニーファンになり、
その後は上機嫌で園内をハシャぎ回ることができました。
ビッグサンダーマウンテンがメンテ中だったので、
ディスニーランドは軽くお散歩。
各所でグリーティングが行われていたので、
飽きることなく見て回ることができました。

4F7A2032

ジャーファル。

4F7A2132

女性に激しく抱き着く現役じじい。

4F7A2082

素朴なアリス。

ちょうど一通り見終えた頃にお腹が空いてきたので、
園外のRainforest Cafeへ。

4F7A2154

ここは完全にレストランなんですけど、
Cafeって名前付いてるから訪問したカフェの頭数としては技あり。
そして、ここの直前に行ったStarbucksと合わせ技で一店舗!
という扱いにしております。
ちなみに、ここのスタバではディズニーがデザインされた、
オリジナルカップで提供されるという話を聞いていました。
が、嘘でした。
というか終わったんですかね?
普通にコーヒー飲んで帰りました。
ちなみに店ではハンバーガー。

4F7A2162

お値段は園外でもやっぱり高い!
ゆっくり寛いでから隣にあるディズニースタジオへ。

4F7A2168

レミーのおいしい何チャラってアトラクションがパリでしか体験できないらしいんですけど、
残念ながらレミーさんについては全く知らないのでスルー。
ネズミかシェフのどっちかがレミーさんなんでしょうか。

4F7A2180

定番のタワーオブテラーで絶叫してから、
ミッキーのショーを見に行きました。

4F7A2193

甲高い声でフランス語を喋っています。

4F7A2252

色んなキャラと共演します。

4F7A2235

シンバは出て来なかったので心配なまま、
パレードを見に再びランドへ。

4F7A2374

主役の貫禄。

4F7A2381

いちゃつくシマリス。※仏ではチックとタック。

4F7A2328

そかはかとなく感じる年齢に無理がある感。

4F7A2349

ハィ~~~。

落ち着く間もなく、次はアナ雪のショーへ。
普通のショーと思ってワクワクしてたんですけど、
口パクのアナと大きいスクリーン。

4F7A2388

「何か期待してたのと違うぞ…」

と、思っていたら一緒に歌う’Sing along’のショーでした。

4F7A2395

楽しそうに歌う子供たちに囲まれて居心地の悪い35歳。
フランス語で歌えるわけはないので、
僕はわが子の授業参観を見守るような心境に。
もう中学生になる子どもを持つ同級生も居ますからね。
何だか複雑な心境になってしまいます。
さらに居心地の悪いことに、
キャストがマイクを持って会場を回っています。
さすがに35歳の男の子にマイクを向けるヘマはしないだろう、
とは思うものの緊張感で歌も楽しめません。
そんなこんなで最後の曲。
レリゴーならサビだけ歌えるやんけ!歌ったろ!
と思っていたら、

4F7A2411

何か違いました。
それまでに気付いても良さそうなもんなんですけど、
凄く裏切られた気持ちになってしまいました。
リブレ、デリブレでは、ちょっとノリ切れない…。
行き場のないレリゴー。
歌いたい…この思いを…届けたいのに…。
という、はち切れそうな思いに苦しんでいると、
小林幸子のようなオーラを纏いながらエルザ登場。

4F7A2415

盛り上がる会場。
レリゴーしたくなる僕。
言葉は違うけど音楽は一つだよね♪
ということで日本語で歌いました。
カラオケで何度も歌っていますからね。
字幕なんて必要ないんです。
そして、やっぱり松たか子Ver.だよなとシミジミ。

4F7A2428

最後は雪みたいな泡も降ってきて会場大盛り上がり。
そしてアナ雪ショーと僕の夢の時間に幕が下されました。
何だかんだどころか、大いに楽しめたディズニーランド。
自分の子どもを連れて遊びに来る日がくるのかな…。
そんな思いを抱きながら35歳の男の子は夢の国を後にしました。

最新情報をチェックしよう!