長蛇のヴェルサイユ宮殿

カフェ巡りも大事なんですけど、パリの観光も忘れてはいけません。
とりあえず行けるとこ行っとけ!
ということで、パリ二日目はヴェルサイユ宮殿へ。
その前に、前日断念したノートルダム大聖堂。

4F7A1767

4F7A1780

4F7A1780

さくっと見て回って、急いで電車に飛び乗ります。
宮殿までは駅から暫く歩くのですが街並みがステキ。

4F7A1867

パリもそうですが、緑が豊かで癒されます。
そしてヴェルサイユ宮殿に到着。
したのは良いのですが、行列が凄い。

4F7A1804

長蛇とはまさにこのことか!という列。
自由なお子様は列から列から飛び出て、
鳩を追い回したりしています。
とりあえず現実逃避でカフェを探しに探検です。
宮殿敷地内に何だかゴージャスそうな名前のカフェがあったので、

4F7A1809

一路カフェへ現実逃避をしに向かいます。
どんな豪奢な空間が待ち受けてるいるのかしら?
とワクワクして向かったら、
何ということはないコンビニみたいなカフェでした。
カウンターの写真を撮るの忘れてしまい、
残念さ加減を伝えることができないのが残念でなりません。
が、これで残念さの一部は伝わるでしょう。

4F7A1808

食べた場所も宮殿の’き’の時もない部屋でした。
無念。

さて。
現実逃避をしても現実は変わりません。
先ほどよりも長い長蛇の列に泣く泣く並び始めました。
追い打ちで雨も降り始めた中、2時間程待ったでしょうか。

4F7A1811

ようやく入口に到着。
他の観光客が音声案内の機械を手に取る中、
僕は早歩きで宮殿内を見て回ります。

4F7A1831

煌びやかな。

4F7A1839

宮殿内を。

4F7A1846

とにかく、さくさく巡ります。

4F7A1837

そして再びパリへ。
行列、カフェと呼ぶに値しないカフェ、往復の電車。
これだけで5時間くらいかけているのに見て回った時間は1時間未満でした。
効率的に回れなかった分、パリで挽回しなければいけません。
ミュージアムパスの元を取らなければ死んでも死にきれない。
絵画に凄く興味があるわけではないのですが、
元を取ることに関しての熱いパッションは誰にも負けません。
というわけでオルセー美術館へ。
ここでも長蛇の列だったんですけど、
パスがあったので別枠でサクっと入館。
そして花より団子、絵画よりコーヒー。
先ずは一目散にカフェへ。
先ほどのヴェルサイユ宮殿の悪夢が蘇りましたが、
着いてみると期待を上回るゴージャスなカフェが。

4F7A1900

「Oh my gosh…」

マルタで磨いた英語力を発揮して思わず口走ってしまいました。
もうゴッホもゴーギャンもどうでもいいや、という気持ちにもなりかけましたが、
ミュージアムパスの元を取るには一応有名な絵画くらいは見ないとね、
ということで。
ゴッホ。

4F7A1904

ゴーギャン。

4F7A1906

山下清?

4F7A1909

あと、気に入ったのが椅子。

4F7A1914

めちゃ欲しい。
あとバレエの絵ばっかり描いている人の作品とか、
映画の風立ちぬに出てきそうな日傘持ってる女性の絵とか、
色々見どころはありました。
お腹はゴージャスなカフェで満たされ、
心はミュージアムパスを使ったことで満たされ、
心身ともに大満足。
帰りにマカロンを楽しんで、パリの観光2日目は終了。
それでも未だ味わい尽くし足りないパリ。
まだまだパリの観光は続きます。

最新情報をチェックしよう!