パリに着いて気付いた憧れの気持ち~I LOVE PARIS~

うぉぉぉぉ~シャンゼ~リィ~ゼェ~♪

ちょっと力んでしまいましたが、
とうとうフランスにやって参りました。
高校の時にMALICE MIZERが好きだった僕。
フランスオマージュの彼らをブラウンで見る度、
フランスへの熱いパッションが突き動かされていました、
というのは言い過ぎというかほぼフィクションなんですけど、
もちろん興味は持っておりました。
どちらかと言うと藤本ひとみ先生の小説の影響でしょうか。
もしかしたらフランス大好きGACKTの影響かも。
コミックのイノサンの影響も受けているかもしれない。
気付かない間にジダンに惹かれていた可能性も否めない…。

と、ここまで書いていてアレなんですけど、
そこまでフランスへの興味は強くありませんでした。
というか、フランスに着いてようやく沸々と湧いてきた感じ?
そう言えば興味あったな、と。
そう言えばだいぶ前から気になっていたな、と。
と、言うわけで興味津々だったと気付いたフランスにやって参りました。
やったね!念願が叶ったよ!

さて。
フランスの後の予定が決まっているので、
パリは3泊4日しか滞在できません。
今回は泣く泣くモンサンミッシェルはスルーして、
とにかく名所っぽい所を慌ただしく攻めていきます。
パリに着いた日の11時30分には宿に荷物を置いて、
慌ただしくノートルダム大聖堂へ。
中へ入る列が長すぎたので外側から想像でステンドグラスを楽しみ、
次の目的地ルーブル美術館へ急ぎます。

4F7A1545

ダ・ヴィンチ・コードで見ていて、

「あ、凄いな」

と思っていたので、これを見れただけで大満足です。
何とも味気ない表現なんですけど、
実際目の前にして、

「あ、凄いな」

と思いました。
何だか小学生の作文みたいになってきたので次行きましょう。
ちなみにルーブル美術館は写真撮り放題。
凄く太っ腹!偉い!ルーブル大好き!
ほんと世界の美術館は右にならえして欲しい。
写真はダイジェストで!
先ずは細かい技が光る食器っぽいナニか!

4F7A1564 - コピー

キレイな天井!

4F7A1553

モナリザ!

4F7A1605

サモトラケのニケ!

4F7A1599

といった感じ。
どうでもいい話なんですけど、
サモトラケという言葉が記憶の底から志村けんの歌を呼び起こしました。
検索したらウンジャラゲでした。

サモトラケとウンジャラゲ。
ラが○でケが△といったところでしょうか。
あんまり関係がありませんでした。
だっふんだ!

さて。
カフェも色々行ったんですけど、
現在のネット環境の都合上サーバーに取り込み済みの写真でお送ります。
凱旋門。

4F7A1707

屋上から。

4F7A1720

雨上がりのエッフェル塔。

4F7A1746 - コピー

ちなみに、お股部分に虹がかかってまいます。
雨がかなり激しくて憂鬱になっていた折のご褒美!
やったね!
エッフェル塔の近くの三択ギャンブル。

4F7A1732

屋台。

4F7A1752

ホワイトソーセージサンドが1000円弱。
めちゃんこ美味しそうだったので並んでいましたが、
途中で正気に戻ってめちゃんこ高いことに気付きました。
パリの魔力に飲まれるところでしたね。危ない。

というわけで。
マルタ3時起きから始まった一日。
そして到着後9時間に及ぶパリ観光を終えました。
憧れていたと到着して気付いたパリ。
影響を受けたかもしれないと思っていたモノを、
全く思い出すことなく一日を終えたところを見ると、
あんまり思い入れが無かったようです。
でも、それでもパリは素晴らしい。

最新情報をチェックしよう!